魚釣り

今日もいつも通り朝4時に起きて先輩と約束した場所に行くところ。目的地は三保の海!大学に入ってからハマってる釣りをしに行きます。今日はの釣り方はぶっ込みとワインドかなーと思いつつぶっ込みはおまけで、ルアーで今日こそは釣ってやるぞといそいそとタックルの準備を始めました。
まずは準備が簡単なぶっ込みの仕掛けから。針にサバの切り身を引っ掛けてとりあえずいつものようにできるだけ遠くに投げました。次はルアーの仕掛けの準備をするんだけど、いつも夜明け前は大きな当たりが来ることが多いから今日こそはその大きな当たりに合わせてやるぞと置いてある竿の隣で準備をしてました。
予想通りその大きな当たりが来て僕は竿を持ち魚を掛けました。掛けた瞬間から初めて味わうような引き。5分ほどしてやっと上がってきた魚は大きな口を開いていて最初めちゃくちゃ大きいカサゴかと思いました。でも近寄ってよく見るとなんと50cmほどあるクエだったのです。
これには興奮を抑えきれず僕は先輩に「先輩!クエっす!クエっす!」と叫んだのですが興奮しすぎていて先輩には何言っていたのか聞き取れなかったと言われました。
こんな経験ができる三保はやっぱり釣りの聖地だと感じた瞬間でしたね。車を売る際の相場を知りたい